シースリーTOP C3について
【インタビュー】今も大切にしているお客様とのひととき:教育担当編

COLUMN

2020.12.25

【インタビュー】今も大切にしているお客様とのひととき:教育担当編

【インタビュー】今も大切にしているお客様とのひととき:教育担当編

シースリーでは、お客様にご満足いただけるサービスを提供するため、一人ひとりのスタッフが日々スキルアップに努めています。特に新人の頃は、知識・技能面で苦労する場面もありますが、お客様と過ごす時間の中で得られる喜びは、スタッフが仕事に向かう上で大きな励みとなっています。ここでは、ベテランスタッフが今も大切にしているお客様とのひとときについてご紹介します。

〈本社研修センター センター長 野崎 美緒〉

周囲のサポートに支えられ、丁寧で正確、スピーディな施術スキルを習得

現在は教育担当として、シースリーのスタッフの知識・技術の習得をサポートしています。シースリーの研修はとても厳しく、日々奮闘するスタッフに対し、実体験から得た学びをまじえて指導にあたっています。

私自身も新人の頃を振り返ると、技術の習得にとても苦労しました。入社当初はとても不器用で、技術の覚えが悪く、先輩方に迷惑をかけてしまう場面も多くありました。当時一番悩んだのは、施術のスピードがなかなか上がらないことでした。

脱毛サロンの仕事は、丁寧さや正確性はもちろんですが、スピードも求められます。どんなに忙しくても、ご予約いただいたお客様をお待たせすることはできません。経験を重ねることで克服した点もありますが、周囲のスタッフのサポートを受けながら、何よりもチームワークによって乗り越えられてきたと感じています。

「次もあなたにお願いしたい」お客様の言葉が大きな自信に

店舗に配属されてからも、しばらくの間は自信を持ってお客様に接することができませんでした。経験を積み、少しずつ自信が持てるようになった頃、お客様に名前を覚えていただけるようになりました。それから、「次もあなたにお願いしたい」とおっしゃっていただくことが増え始め、さらなる自信につながっていきました。

脱毛サービスを提供する際に私が意識しているのは、お客様がついつい眠ってしまうような、安心して体を預けていただける施術をすることです。室内の空調、脱毛器の取り扱い方、空調など、さまざまな点に配慮しながら、お客様にストレスを感じさせない、リラックスできる施術を意識しています。

また、特に重視しているのはお出迎えとお見送りです。サロンを利用してくださったお客様に、「今日ここに来て良かった」と思っていただけるよう、歓迎の気持ちを表す所作や表情を心掛けています。スタッフの教育においても、身だしなみや挨拶、表情などを細かく指導し、おもてなしの姿勢でお客様に接するよう伝えています。

数ある脱毛サロンの中でシースリーを選んでくださったお客様に対し、「また来たい」と感じていただくために、これからも教育を通じてサービスの向上を目指していきます。

5 件

ロゴ新着記事

ロゴランキング

logo_c3 あなたの脱毛のジカンが
プレミアムなものとなりますように!

SNSアカウント・お知らせを受け取る